南国ちんあなご

マレーシア転勤を命じられたサラリーマンが、現地のリアルな情報を発信するブログ!!

★マレーシアで一番旨い鰻を食べる!!活きた鰻を使う日本品質!

マレーシアにいても、美味しい鰻を食べたくなるもんです。

日本にいても、本当に美味しい鰻屋を見つけるのはなかなか簡単ではありません。

マレーシアで鰻なんて。。。

最初は私もそう思っていました。

「日本と同じクオリティで。。。」なんて謳い文句の宣伝を見ても、正直惹かれませんでした。

でも、コロナ禍でしばらく日本に帰ることができない状況の現在。

食べたくなって行ってきました。マレーシアで美味しいと言われている鰻屋へ。

はい。ここ完全に日本の鰻屋品質です。行って間違いなし!!!

というより、鰻好きなら必ず満足できる店です。

f:id:GT96mag6:20210101124229j:plain

==営業時間==

毎日営業

ランチ:12時~14時30分(土日祝日は~15時)

ディナー:17時30分~22時30分(金土は~23時)

1.アクセス

モントキアラの、デサスリハタマスに立ち並ぶショップロットの一角に店を構えています。数多くの飲食店が軒を並べるデサスリハタマスなので、車で来ると駐車場探しに苦戦します。土日や金曜の夜は、車の数が多すぎ!!

ただ、夜に誠を利用するに限っては、バレットパーキングも有るので、スタッフに声をかけて下さい。

2.お品書き

実際に、メニューはシンプルですが、いつも我が家がオーダーするレギュラーメニューは以下の内容です。

  • うな重
  • ひつまぶし
  • 骨せんべい
  • うな肝焼き

その他刺身とかいろいろありますが、せっかくなので鰻に全集中します!

f:id:GT96mag6:20210101124156j:plain

f:id:GT96mag6:20210101124201j:plain

f:id:GT96mag6:20210101124205j:plain

3.実食

オーダーしてから待つこと30分~40分。

(オーダーが入ってから捌いて焼きに入るためこのくらいの時間はかかります)

いよいよわがテーブルへやってきました鰻ちゃん。

うな重は関東風でフワッとジューシーに。

ひつまぶしは関西風にカリッとジューシーに。

日本の東西の風習の違いと同じですね。

(ちなみに、ひつまぶしの食べかたはちゃんと説明書きがあります)

f:id:GT96mag6:20210101124221j:plain

f:id:GT96mag6:20210101124226j:plain

早速ひとくち食べてみる。

!!!!!!!

旨いっ!!

鰻そのものが旨い。脂が乗り過ぎず、甘い。

タレの味も絶妙で、鰻の甘さを存分に引き立ててくれている。

完全に日本の鰻屋です。

吸い物はもちろん肝入りで。(たった3RMのプラスで肝入りに)

f:id:GT96mag6:20210101124209j:plain

f:id:GT96mag6:20210101124214j:plain

 

そして、骨せんべいですが、これいつまででも食べていることができます。骨から旨味が出てくる出てくる。

添えられている塩をつけながら食べるのですが、ビール止まらなくなること必至です。

子供も美味しく食べることができると思います。

共通して言えるのは、ご飯(米)が美味しいということ。

炊き具合といい硬さ粘りが抜群に良い。鰻とタレにベストマッチしている。

 

総論として、鰻を食べるならココで間違いなしということです。

なんなら日本以上のクオリティと言っても過言ではないと思います。

個室もあるので予約時にリクエストして下さい。

f:id:GT96mag6:20210101124153j:plain

f:id:GT96mag6:20210101124149j:plain

では今回はここまで!! 

life-of-asian.com