南国ちんあなご

マレーシア転勤を命じられたサラリーマンが、現地のリアルな情報を発信するブログ!!

★ マレーシアで旨い鮨を食べてみた!!

マレーシアはグルメ天国と一般的に言われています。

確かに様々なジャンルの料理を楽しむことができます。

でもしばらく滞在していると食べたくなるのが日本食。

特に鮨はその筆頭に挙げられるのではないでしょうか。

今はマレーシアにもお鮨屋が何件かありますが、今回はKLの中心地に立地するLINK KLショッピングモール内にお店を構える、

鮨原

へ行ってきましたので、その報告です。

比較的お得にその店の味を楽しめるランチタイムにお邪魔しました。

==営業時間==

月曜日~日曜日

ランチ:12時~14時30分

ディナー:18時~22時(ラストオーダー:21時)

f:id:GT96mag6:20201129104518j:plain

 明らかに他の飲食店と雰囲気が異なる入口をくぐり店内に案内されると、高級感あふれる空間に期待感が高まります。

今回は子供連れでの来店なので予め個室を予約しておりました。

(個室と言っても入口に遮蔽するドアなどの仕切りが無く、床まで届く暖簾で通路と通る人の目線を遮っている仕様です。

もちろんカウンターもあるので、使用目的や人数によっては選択したくなります。

1.メニュー

ベースとしてコースメニュー(5種類)が設定されています。

お鮨をたくさん食べたかったので、握りが8カン含まれる「海」と「鮨」を選択。

スタッフの方に伺ったら、季節ごとに内容が変化するとのこと。

こうなると季節毎に来てみたくなっちゃいますね。

この日はこんな感じのメニューでした。

■「海」コース

先付 ⇒ スズキの南蛮漬け

蒸し物 ⇒ 茶わん蒸し(ダシが効いてて美味)

⇒ イサキ、スズキ、真鯛、マグロ赤身、エビ、アナゴ、サワラ、ひらめ

椀物 ⇒ エビの味噌汁

水菓子 ⇒ 抹茶のアイス

■「鮨」コース

先付 ⇒ 白子ポン酢、マグロのユッケ

お造り ⇒ マグロ中トロ、赤貝、ハタ

⇒ カツオ、ボタンエビ、シマアジ、イサキ、マグロ大トロ、ウニ、ヒラメエンガワ、イワシ炙り

ミニ丼 ⇒ イクラとネギトロの丼

椀物 ⇒ ハマグリの吸い物

水菓子 ⇒ 抹茶のアイス+フルーツ(メロン、柿、マスカット)

f:id:GT96mag6:20201129170200j:plain

 f:id:GT96mag6:20201129170058j:plain

コースの内容が良かったので、他にも鮨を追加でオーダーしました。

ホタテ、ヒラメ、シマアジ

f:id:GT96mag6:20201129104500j:plain

 

 2.味 

基本的に醤油を付けなくても食べることができるように、それぞれの鮨に個別のタレと薬味が乗せてあります。

どれも素材にマッチしていて、口の中でシャリとネタと薬味が見事に同調するのは見事!!

白身は、寝かし方が絶妙で、うまみが上手に引き出されていました。

(コリコリ感が抜けてネットリとした食感がひじょうに良き)

そして、ホタテですが、甘みと磯の香りが口の中に広がり、思わず目を閉じて唸ってしまう逸品でした。

コロナの影響で飛行機が減便し、鮮度の確保が難しい光物の扱いが無かったのが残念でしたが、それだけこだわっている証拠ですね。

とにかくどれを食べても美味しかった!!

下の写真は全て「鮨コース」でだされた料理の一部です。

f:id:GT96mag6:20201129104457j:plain

f:id:GT96mag6:20201129104454j:plain

f:id:GT96mag6:20201129104510j:plain

f:id:GT96mag6:20201129104514j:plain

3.最後に

休日のランチは予約をお勧めします。

私が行った時も満席で、スタッフの方からは、予約してなかった今日みたいな日は案内できなかったと言われました。

その他特筆すべき点は、

  • ドレスコードは特になく、清潔な格好であれば問題は無し。
  • 冷房が強めなのでその対策を!
  • 日本で食べる槽叔母の1.8倍程度の値段ですがマレーシアで食べるその値段には十分価値があります。
  • コースは料理が順番に出されるので、込み具合によっては全て食べ終えるまでに1時間~1時間半程度かかるため、スケジュールには余裕を持って行ったほうがよいです。
  • 私は絶対にリピートします!!

接待でもプラーベートでも安心して行ける美味しい鮨屋さん。

ぜひトライしてみて下さい!!

 

では今回はここまで!!