南国ちんあなご

マレーシア転勤を命じられたサラリーマンが、現地のリアルな情報を発信するブログ!!

★ 日本から持っていくモノ!!

 SNSの発達によって、かなり詳細な情報をいつでもどこからでも入手できる時代になりました。

海外への赴任も、10年前とは比較にならない程、ハードルが下がっています。

赴任決定⇒辞令⇒引っ越し準備⇒渡航⇒赴任先での生活開始

今回は、意外と盲点になりがちな持ち物についてピックアップしてみます。

私が実際にマレーシアへ着任した当日に、日本から持ってきておいて良かったものや、こちらでは入手しづらいモノなどを紹介します。

f:id:GT96mag6:20201104155314j:plain

 1.日本から持ってくるべき10選!!(到着初日)

船便と航空便で引っ越し荷物を輸送することになると思いますが、到着まで時間がかかるので、ハンドキャリーで持ち込みたいものをまとめました。

コンドミニアムに夜到着する場合、そこから買い物に行ってはシンドイですもんね。

①トイレットペーパー

契約したコンドミニアムに最初から備え付けられているとは限りません。少なくともキャリーケースにワンロールは忍び込ませておくと安心。

また、マレーシアのトイレには紙が設置されていないパターンが多く、空港からの移動中などにトイレに寄っても安心です。

②寝具

枕カバーやベッドのシーツも、最初から設置されているケースは少ないため、気になるかたは持参したほうが安心。ベッドの大きさは、部屋を決める時に案内してくれるエージェント経由でオーナーさんへ確認することができます。

③雑巾

マレーシアの窓は気密性があまり良くないため、細かい砂埃などが部屋に侵入してきます。そこにきてこの湿度なので、床やテーブルなどが汚れていることが多いです。そのため、気になる部分をササッと吹くことができる雑巾を1枚でも持っていると便利です。

④カトラリー類

予め部屋に備わっているのであれば良いのですが、そんな物件ばかりではないので、最低限家族分のワンセットだけは持ってきた方が安心です。

⑤コンセントの変換アダプター

日本から家電をハンドキャリーで持ち込んで、初日からガシガシ使う人はあまりいないとは思いますが、PCやスマートフォンなどの充電などは初日からでもしたいはずですよね。

また、家族分の充電ができるように、タコ足プラグも持っていると便利です。

ちなみにマレーシアのコンセントプラグのタイプは「BF型」なので、これも持ち込みましょう。

f:id:GT96mag6:20201104162957j:plain

⑥旅行用のミニシャンプーセット/石鹸

長旅の疲れを癒すのと、汗をかいた体をリフレッシュするためには必要不可欠です。これはほぼ確実に初日のコンドミニアムには置いていないため持参がベスト!!

⑦歯ブラシ/歯磨き粉

特に子供用歯ブラシに関しては、ラインナップも少ないうえに、性能もイマイチなモノが多いので、用意しておいたほうが良いです。って言うより、寝る前にすぐ使いたいものなので、持ってきておくべきですよね。

⑧オムツや生理用品

まずは普段使い慣れているものを用意しておくのがベストですね。

⑨水着

コンドミニアムの多くには、プールが設置されています。

初日から泳がないまでも、乾季の暑い時期であれば、昼間の1時間でもプールで遊べると、子供も楽しめます。

⑩ファーストエイド

絆創膏、消毒液、包帯などがセットになっているもの。

万が一の怪我でもすぐに対応できるため持っていると安心です。

2.できれば日本から持ってきたいモノ!!

 緊急性は無いけれど、「船便に忍ばせたい 」または「一時帰国時に調達したい」モノ。

①水筒

なんでも良いのならもちろんマレーシアでも調達できますが、学校へ行くときには、いつまでも冷たさが持続する水筒を持たせてあげたいです。

その筆頭に挙げられるのが、いわゆる魔法瓶のパイオニアでもあるTHERMOS製の水筒ですね。

マレーシアでも入手できるのですが、デザインが限られているのと、日本で購入する場合と比較して高価です。

②自転車

マレーシアの道路事情を考えると、公道で乗ることはほぼ無いと思います。しかし、子供用の自転車は船便で日本から持ち込んだ方が良いです。マレーシアでは選択肢が極端に少ないです。自転車に乗る練習をする年齢の子供がいる場合には、お勧めします。

③子供用学習ドリル

マレーシアにも紀伊国屋書店があり、日本書籍コーナーもありますが、やはり高価であるのと、在庫が切れたらいつ入荷するか分からないので、日本から持ち込めればそれに越したことはありませんね。

④靴 / 学校用上履き

マレーシアにもAEONがあり、日本人学校用の持ち物が販売されています。しかし、やはりサイズがないため、特に小学校低学年くらいまでの子供用靴はサイズ別に日本から持ち込んだ方が良いです。学校用上履きは1cm刻みでの取り揃えです。

⑤折り畳み傘

これも、特に子供用はなかなか販売しているのを見ないです。大人用も、65cm以上の大きめの折り畳み傘を日本から持ち込まれることをお勧めします。

マレーシアの雨はスコールなので、小さい傘ではあまり意味がありません。まあ、スコールは短時間で終わることも多いので、それまで外出しないのもあり??

⑥証明写真

・マレーシアで運転免許を書き換える。

・パスポートの更新

・ビザの更新

写真屋さんもあるのはあるのですが、探す手間を考えると数枚用意してきた方がベターです。

ちなみに背景の色とサイズの指定があるので、最新の情報を入手するよう心掛けて下さい。

⑦最終学歴の卒業証明書

基本的にはワークパーミットビザで入国している本人(家族のものは不要)の卒業証明書を日本語版と英語版をそれぞれ用意して下さい。

ワークパーミットビザの更新時に必要です。

(私は一度、なぜか日本語版の卒業証明書提出を求められました)

⑧ランドセル

できれば、手荷物扱い(機内持ち込み)で日本から持ってきたいです。日本から貨物として輸入する場合には「革製品」として関税で止められる可能性が大きいです。

実際に、待てど暮らせど日本から送ってもらったランドセルが届かなくて確認したら、マレーシアの税関で、関税未支払で止められていた体験をされたかたが何人かいます。

(ランドセルを回収するために空港まで行く必要があります。)

生活スタイルや、家族構成によっても様々だと思いますので、あくまで参考として頂けたらと思います。

それではまた!!